店舗機器

【POSレジの基礎知識】これを見ればあなたも理解できます!

店舗を経営するには経費管理がかかせませんよね。開店前には開店準備が必ず必要です。
その開店準備時間をなるべく早く済ませることは、経費の削減やスタッフの負担の軽減に繋がります。私はレジの計算が嫌いでした。
機械の操作方法はなかなか覚えられないし、ほかのスタッフに説明しても複雑で、なかなか覚えられない。時間もかかりますよね。

小銭を出してお金を数え、レジとにらめっこしながら小銭をそろえたり売上金を計算したり。1日を通して計算してみると相当な時間になります。それがさらに365日となると、、、言うまでもありませんよね。

しかし!

ipadなどの端末を使い、販売した商品や販売した時点での情報を管理して、店舗の売り上げをリアルタイムに把握するレジがあります。
今、多くの飲食店や美容院をはじめ、様々な店舗が導入し始めました。それがPOSレジです。

POSレジにはメリットが沢山あります。

初期費用を抑えることができる

POSレジでスマートにお会計ができる

すっきりとしたレイアウトができる

もちろん他にも多くのメリットがあります。今からPOSレジについて調べたい!という方にご覧いただければ幸いです。

POSレジについて

POSレジを検索したり調べたりする時に出てくる以下のワード4つを以下にご紹介します。
レジスター、POS、POSレジ、タブレットPOSレジの4つです。

レジスター

よく昔からある、お会計するシンプルな機械のことを言います。レジはレジスターのレジですね。
手で商品のボタンや実際の金額を直接押すことで、その商品の情報を読み取ります。
大まかな売り上げ情報は分かりますが、ひとつひとつ打たなければならないので時間がかかります。

POS

Point Of Sales の省略です。日本語では‘販売時点情報管理’と意味します。
その名のとおり、商品などを販売した時点で情報を管理します。
店舗の売り上げのデータを収集し、オーナーやスタッフに分かりやすく表示することで、リアルタイムに情報を集計し、分析してくれることです。
リアルタイムに店舗の状況がわかると、お客様の来店時間帯をより正確に予測できます。
ですのでスタッフの休憩時間や、物品・材料を補充する時間に充てる時間をずらすことでより、有効に時間を活用して売上アップにつなげることができますよね。

POSレジ

上記のPOSの機能を搭載したレジのことです。
コンビニやファーストフード店などあらゆる店舗に取り入れられ、主流となりつつあります。
バーコードでピッと読み取ったり、画面上商品の書いているところを押したりして、その商品の情報を読み取っています。

POSレジはほぼすべてのシステムがレジの会社専用であり、ローカルな環境に設置されていることが多いです。細かい販売分析や在庫管理が難しいです。
おおまかな販売分析や在庫管理は可能ですが、なにしろ操作方法が複雑です。

また機械一つあたりの値段はご存じですか?購入する値段が高いのです。
またお大きくて場所をとられてしまいます。古くなり色褪せたり、機械に傷がついてしまったり。その店舗の入り口に置いてあり、お客様の目につきやすいのにも関わらず不格好になってしまう時もあります。

タブレットPOSレジ

上記のPOSレジの機能をもつ端末(例えばipad)を使用して、アプリなどのシステムとして組み込まれているレジの端末のことです。
POSレジと異なる点は、タブレット端末の専用アプリをインストールします。
しかしほとんどのサービスでは、「システム」「データベース」はクラウド環境で提供されているので、個々にシステムを構築する必要がありません
Ipadなどの軽量、コンパクト、かつスタイリッシュな機械を使用しますので、お会計の時にわずかなスペースで操作することができます。
さらに店舗の外に持っていくことができますので、多店舗との情報共有をすることもできます。

POSレジの使い方は?

お会計

Free会計やMFクラウド会計などの大手が対応していることが多いです。
またWi-Fi環境とタブレット端末が必要になります。それがないと使えないのがデメリットですね。

またレシートプリンターや、バーコードリーダーなどの周辺機器と組み合わせるだけでコンパクトに会計を管理することができます。
会計システムが基本料金として、追加で予約の管理やポイントの管理、更に売上の情報を管理することができるオプションがあります。
ですのでご自身の店舗の特徴や、規模に合わせて選択することができます。

売上管理

少し復唱してしまうかもしれませんが、タブレットPOSレジには、売上管理や、豊富な分析といった機能が搭載されております。
ですので、リアルタイムに店の状況を把握することができます。

またWi-Fi環境下では、外出先やほかの店舗でも売り上げ状況をリアルタイムに確認することができます。
さらに追加のオプション料金を支払えば、その情報を分かりやすく様々な角度から分析して表示してくれます。

まだピンとこない方は…

最近タブレットPOSレジを導入する店舗が増えてきて、身近に感じることができるようになりました。
しかし見ることと使うことは別です。

実際に見ることのできるショールームに行ってみるのはいかがでしょうか。
マイホームを購入する時も実際に見て、触って、直接質問しながら抱いている疑問や不安を解決しますよね。
都市部に何店舗かショールームを設けている会社がありますので、実際に行ってみてぜひその魅力を肌で体験して下さい。

POSレジについてのまとめ

いかがでしたでしょうか。Ipadを使用してお会計を済ませる、タブレットPOSレジは様々なメリットがあります。
実際に触ってみると意外と簡単です。ぜひこの機会にタブレットPOSレジの導入を考えてみませんか。