店舗集客

【リピーターの作り方】新規来店から継続して通ってもらうにはどうすればいいの?

リピーターは店舗を支えてくれるパートナーだ!

店舗を経営することで一番利益につながることは顧客数の獲得でしょうか、それともリピーターを作ることでしょうか?
実はリピーターを作って維持することに集中した方が、実は低コストで収益アップにつながります。
なぜなら、新規顧客を獲得するためには、宣伝費用や人件費がかかります

また、店舗に愛着がないためか些細なことに不満を抱きやすく、クレームやイメージダウンにつながるような発言をSNSに投稿されてしまいます。
リピーターを獲得するためには、リピーターの作り方がありますので順にご紹介いたします。

まずは商品を買ってくれたお客様を把握しよう

宣伝費用にお金をかけ、時間をかけせっかく獲得したお客様。
そのようなお客様を逃さないために、どんなお客様がいるかを客観的に把握し対策をとることはとても重要になってきます。

ではどのような視点でお客様を捉え、リピーターにつなげれば良いのでしょうか。

顧客を4つに分類して顧客のニーズを知る

新規の顧客:初めて商品を買ってくれたお客様
再来店してくれた顧客:商品にある程度満足してくれている
流行顧客:キャンペーンなど収益率の低い商品のみを購入するお客様
もし他社の製品で同じような価格や性質・性能の商品があればいとも簡単に目移りされてしまう。

優良顧客(リピーター様!):その商品や会社に愛着をもってくれているお客様。
わが社の強い貢献人であり広告マン。リピーター様の周りの人々にも宣伝してくれ、新規顧客の獲得や流行顧客をリピーターにしてくれるなどの潜在的能力は計り知れない
これら4つに分類します。
それぞれへの接客・売り込み方法を都的に区別しアプローチ方法を考えることが大切です。
増やしたくない顧客層を増やすことに時間や、お金を使うことはリピーターの作り方には適切ではありません。
期間限定の商品を売り出す時も目的として、新規顧客をターゲットにするか、流行顧客をターゲットにするか明確にすることはおすすめです。

期間限定の商品の値段設定に悩んだときには、新規顧客を獲得するためには一つの商品を期待を裏切らない程度に安くすると良いです。
一方でキャンペーン商品にしか興味のない流行顧客に対しては、関連商品をおまけでつけてお得感を演出します。

顧客層を理解し、リピーターへとつなげる

新規の顧客から再来店してくれる顧客に、再来店してくれた顧客からリピーターまたは流行顧客に、流行顧客からリピーターに変えていくためには、以下のようなアプローチ方法が上げられます。

新規の顧客
商品への満足感を高めます。また忘れられないようにアプローチします

再来店してくれた顧客
会社を知ってもらいその商品への愛着を高められるようにします

流行顧客
流行客になることを防ぎます

リピーター様
特別感をさらに与えて、リピーターの維持に努めます

リピーターへの作り方にはそれぞれ適切なアプローチ方法があるのをご理解いただけましたでしょうか。

もし新規のお客様は多いのに、再来店してくれるお客様を作ることができない。と悩んでいるのでしたら、商品への満足感を高める対策を作ることが大切になるということです。
期待通りの商品を提供することでがっかりさせることなく満足してもらうように表現方法を変えることが例にあげられます。
リピーターを作り維持することも大切です。更にリピーターを魅了する具体的な方法を以下にご紹介いたします。

リピーターを更に魅了する具体的な方法

とことん優遇

わざとらしく接客態度そのものをかえることではありません。
そのお客様の好みや傾向を知り、親近感をもってもらえるような対策を作ります。
リピーター限定のイベントや商品を紹介したり、利用すればするほどお得になるポイント制や料金設定をすることが具体的な例としてあげられます。

お客様とコンタクトを取り続ける

SNSやメールを使用して積極的にコミュニケーションをとることで、更に愛着をもってもらうことができます。
メールマガジンやダイレクトメールの登録をすすめて、定期的に「最近はいかがでしょうか。実は~」などあいさつがてら、お得な商品や企画を紹介してみてはいかがでしょうか。それがそのお客様のニーズを把握したものだとなおさら良いでしょう。

自分に関心を持ってくれていると感じたならば大なり小なり相手にも関心をもってしまうのが人間です。

居心地の良い環境や使い勝手の良いページをつくる

実店舗での方法としては落ち着ける環境かどうかも重要になります。
刺激を求める人や流行を好む人は、新しいお店を探し続けることに関心がありますのでリピーターにつなげることは難しいです。しかし中には落ち着ける、自分のこだわりの場所や商品を見つけて、それをとことん大切にしたいお客さまもいらっしゃいます。
そのようなお客様をターゲットにしするかどうかでも、商品内容や店舗の環境づくりは変わってきます。
また宣伝するときに使い勝手が悪いと「わからない」になってしまい勿体ないです。
使い心地の良いホームページや環境を整えることは、お客様の安心感にもつながります。

まとめ

売り上げをあげようとすると、思いつく限りの対策をしてみることは、コスト的にも時間的にも勿体ないのです。
リピーターの作り方を知ることで、もっと確実に売り上げも客数も安定させることができます。

また、リピーターの作り方としてリピーターを維持することはさらなるリピーターを作ることにつながります。リピーターをしっかりと魅了し売り上げや良い評判を獲得しましょう!